農園の紹介

自然農法について

当園では6年前から自然農法への転換を進めて参りました。自然農法・自然農・自然栽培などその提唱者によって名称は異なりますが、当園では“自然農法”と称し、不耕起・無農薬・無肥料による農作物の栽培を行っています。

就農してからこれまで、慣行栽培科学的有機農業(土壌分析して自ら施肥設計)→韓国式自然農業(天恵緑汁などの発酵液を自作して散布)を実践して来ました。徐々に自然に近い形での農業に移行して来ましたが、いずれも作物への養分供給を如何にして行うかに主眼を置いた農業技術でした。

一方、草や虫など畑が沢山の生命に溢れ、土壌の多様性を図ることに主眼を置き、人が関わっていく事を極力排し、自然な環境の下、作物自身が自分の力で自然に育っていく農業技術を実践してる先達たちの思想に触れ、自分の目指す農業がはっきりと決まりました。

ご多分にもれず、私も福岡正信氏の影響を強く受けました。